筋肉をつける食事

【2022年】ナッツのタンパク質ランキング!脂質とカロリーも比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タンパク質の多いナッツランキング

こんにちは。みなさんナッツはお好きですか?おつまみコーナーに行っても色々な種類のナッツが陳列されていますよね。

ナッツはカルシウム・鉄分・マグネシウム・亜鉛などのミネラルが摂取できる天然のサプリメント。タンパク質が筋肉にスムーズに変わるお手伝いをしてくれる、ビタミンB群や葉酸も豊富です。

持ち運びも手軽なナッツは筋トレをしている方やアスリートの間食に最適な食べ物です。

そこで今回はそんなナッツの気になるタンパク質含有量を、ランキング形式でお伝えいたします!

ナッツのタンパク質・脂質・カロリーの一覧

100gあたりのタンパク質・脂質・カロリーは、以下の通りとなります。

ナッツのタンパク質ランキング

タンパク質の多い順に並べています。

タンパク質 脂質 エネルギー
1位:かぼちゃの種 26.5g 51.8g 590kcal
2位:ピーナッツ 25.0g 49.6g 613kcal
3位:アーモンド 20.3g 54.1g 608kcal
4位:ピスタチオ 17.4g 56.1g 617kcal
5位:カシューナッツ 15.3g 46.0g 603kcal
6位:くるみ 14.6g 68.8g 713kcal
7位:松の実 14.6g 72.5g 724kcal
8位:ピーカンナッツ 9.6g 73.4g 702kcal
9位:マカダミアナッツ 8.3g 76.7g 751kcal

タンパク質含有量のみで比較すると、かぼちゃの種が1位ですが、なかなか食べないナッツですよね。サラダにふりかけて摂取するなど、単体でなく料理に取り入れると無理なく食べられます。

タンパク質含有量トップクラスのピーナッツやアーモンドは食べやすい味で、なおかつ手に入りやすいため手軽に摂取できます。

ナッツはカロリーも高いので、食べる量には注意が必要です。

1粒あたりのタンパク質含有量を比較

以下は1粒あたりでタンパク質量の比較になります。

1粒あたりの
タンパク質
100gあたりの
粒数
かぼちゃの種 0.13g 200粒
ピーナッツ 0.25g 100粒
アーモンド 0.20g 100粒
ピスタチオ 0.12g 143粒
カシューナッツ 0.23g 66粒
くるみ 0.49g 30粒
松の実 0.03g 500粒
ピーカンナッツ 0.19g 50粒
マカダミアナッツ 0.17g 50粒

1粒あたりのタンパク質量で見ると、くるみに次いでピーナッツ・カシューナッツ・アーモンドが含有量が高いことがわかります。これは1粒が大きいというのもありますね。

100kcal程度を間食でとるとすれば、くるみだと4粒程ピーナッツやアーモンドだと15粒程カシューナッツだと10粒程になります。

ナッツで健康な体をつくろう

ナッツはアスリートの体作りに適した、いつでもどこでも手軽にとれる優秀な食べ物です。

ナッツを選ぶ際はフライビーンズではなく素焼きのものを選んだり、塩分の強すぎないものを選ぶようにするのがポイント。

日々の食事や捕食に上手に取り入れ、ナッツで効率的な体作りができるといいですね(^^)

今回も最後までお読み頂きありがとうございました!

参考文献

文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」※カシューナッツは市販品を参照