カロリーの低さ

1位:スクスクダイズ(29kcal)

2位:アストリション(33kcal)

3位:ザバス(50kcal)

4位:ウイダー(74kcal)

5位:ケンタイ(77kcal)

1位:アストリション スクスクダイズ

スクスクダイズ

内容量 200g(30食分)
販売価格 2,000円(税抜)
初回31%OFFの
1,370円(税抜)~
1食あたり
67円
カロリー
29kcal
炭水化物 2.0g
タンパク質 少なめ
2.6g(大豆)
ビタミンB群 ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.30mg
ナイアシン:3.0mg
ビタミンB6:0.30mg
葉酸:50μg
ビタミンB12:0.45μg
パントテン酸:1.7mg
骨の成分
カルシウム:210mg
マグネシウム:45mg
ビタミンD:1.5μg
その他の成分 ビタミンC:30mg
鉄分:5.0mg
亜鉛:1.7mg
甘味料
無添加
その他の添加物
無添加

小さい子供におすすめの国産大豆でできた栄養食品。

こちらの商品は主原料が「きな粉」になっています。そのため厳密にはプロテインではありませんが、他の商品と同じようにタンパク質やカルシウムを補給することができます。

ミネラルは魚の骨由来の天然カルシウム210mgが配合され、こちらも乳アレルギーの子供でも飲めるようになっています。

スクスクダイズの粉末

タンパク質原料には福井県産の「里のほほえみ」というタンパク質含有量の高い国産大豆を使用していて、亜鉛酵母や鉄分、ビタミンDなどの栄養素も豊富に含まれています。

 

牛乳に溶かしたスクスクダイズ

牛乳に溶かしてみました。シェイクしなくても溶けるので作るのが楽です。きな粉の香ばしい風味があり、そのままでもとても美味しいです。

 

ヨーグルトにかけたスクスクダイズ

ヨーグルトにもかけてみました。砂糖と混ぜて食べると美味しいです。プロテインを牛乳で溶かしたときの粉っぽい感じが苦手な方はヨーグルトがいいと思います。

風味が自然なきな粉なので、色々な料理・おやつにアレンジしやすいところもポイントです。

 

スクスクダイズの原材料表示

原材料には福井県のきな粉のほか、色々な雑穀が使用されています。また添加物に関しては人工甘味料だけでなく、乳化剤や香料・着色料なども全く使用されていません。

無添加にこだわりたい方や、幼児~小学校低学年の栄養補助には特におすすめです。

スクスクダイズの口コミ

お客様の口コミ(ヨーグルトにかけて美味しく頂いてます。)お客様の口コミ・評判(パンとの相性良いです。)お客様の口コミ・評判(しっかりと素材の味を感じられて美味しい)

今なら初回31%OFFの1,480円で購入できるキャンペーンも行っていますので、手軽にお試しができます。

公式サイトを見る

2位:アストリション ジュニアプロテイン

アストリション ジュニアプロテインのパッケージ

内容量 600g(60食分)
販売価格 4,298円(税込)
初回35%OFFの
2,780円(税込)~
1食あたり
72円
カロリー
33kcal
炭水化物 1.0g
タンパク質 普通
6.2g(大豆)
ビタミンB群 ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.36mg
ナイアシン:5.0mg
ビタミンB6:0.50mg
葉酸:67μg
ビタミンB12:0.7μg
パントテン酸:1.7mg
カルシウムと
吸収サポート
成分

カルシウム:400mg
マグネシウム:200mg
ビタミンD:2.0μg
その他の成分 ビタミンC:33mg
ビタミンE:5.0mg
鉄分:4.5mg
亜鉛:3.0mg
甘味料
植物性甘味料
(ステビア)
その他の添加物 乳化剤
香料

管理栄養士が開発した植物性ジュニアプロテイン。

ミネラルはカルシウム400mgにマグネシウム200mgと2:1の割合でバランスよく配合されており、そのほか亜鉛も配合されていますので成長期の小学生・中学生に一番おすすめのプロテインです。

アストリションジュニアプロテインの粉末

タンパク質原料には国内製造の大豆プロテインのみを使用していて、砂糖不使用なので1食あたり33kcalととても低カロリー。「プロテインは太るのが心配」という方もいますが、これならカロリーのとりすぎも気になりません。

大豆なので水や豆乳に溶かせば、乳アレルギーの子供にも飲ませられますね。

 

水や牛乳に溶かしたアストリションジュニアプロテイン

フレーバーはココア味イチゴ味レモンヨーグルト味の3種類。ココア味とイチゴ味は牛乳に、レモンヨーグルト味は水に溶かしてみました。

ココア味は甘さが控えめになっているので、すっきりして飲みやすかったです。イチゴ味はフルーティーな甘さのある風味で、牛乳ととてもよく合います。

レモンヨーグルト味の方は水に溶かしても爽やかな風味で美味しいですね。大豆なので少しだけ粉っぽい感じはしますが、あまり気になりません。

味が3種類あれば「味に飽きた」となりにくいので、続けやすいところもメリットといえます。

 

アストリション ジュニアプロテインの原材料

原材料を見てみると、甘味料には植物由来の甘味料であるステビアが使用されています。大豆タンパク質にもしっかり「国内製造」とあります。中国製やアメリカ製のプロテイン原料を使っているメーカーも多いですが、これなら子供が毎日飲んでも安心ですね。

アストリション ジュニアプロテインの口コミ

今なら初回35%OFFの2,780円で購入できるキャンペーンも行っていますので、手軽にお試しができます。

公式サイトを見る

3位:ザバス ジュニアプロテイン

ザバス ジュニアプロテインのパッケージ

内容量 ココア味:840g(60食分)
マスカット味:700g(50食分)
希望小売価格 4,536円(税込)
1食あたり
76円
カロリー
51kcal
炭水化物 4.9g
タンパク質 普通
6.0g(ホエイ)
ビタミンB群 ビタミンB1:0.42mg
ビタミンB2:0.43mg
ナイアシン:1.8~6.8mg
ビタミンB6:0.37mg
ビタミンB12:0.21~1.55μg
パントテン酸:0.17mg
カルシウムと
吸収サポート
成分

カルシウム:462mg
マグネシウム:43mg
ビタミンD:0.83μg
その他の成分 ビタミンC:27mg
ビタミンE:0.3mg
鉄分:4.6mg
甘味料
砂糖、アセスルファムK
アスパルテーム、スクラロース
その他の添加物 香料
乳化剤
植物油脂

日本で最もメジャーなプロテインブランドである「ザバス」のジュニアプロテインです。

カルシウムは462mgとしっかり配合されており、ビタミンCやビタミンE、鉄分なども配合されています。

 

ザバス ジュニアプロテインの粉末

ザバスのジュニアプロテインに含まれているタンパク質原料は、「ホエイ」という乳成分由来のタンパク質で、1食あたり6.0g含まれています。

なおマスカット味は1袋700gとなっていて、ココア味の840gと比べて量が少ないです。

 

溶かしたザバスジュニアプロテイン

味はココア味とマスカット味の2種類。ココア味は牛乳に、マスカット味は水にそれぞれ推奨されている方法で溶かしました。

味については少しホエイプロテインのクセがあります。ココア味は甘みが濃いので、甘いものが好きな子にはよいでしょう。マスカットの方がスッキリして飲みやすいです。

 

ザバス ジュニアプロテインの原材料

甘味料にはアスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKと人工甘味料がフル活用。。。

しかし1食あたりの価格が約76円と安く経済的なので、その点は続けやすくて嬉しいポイントではないでしょうか。

公式サイトを見る:アストリション

4位:ウイダー ジュニアプロテイン

ウイダージュニアプロテイン

内容量 980g(49食分)
希望小売価格 4,200円(税抜)
1食あたり
93円
カロリー
74kcal
炭水化物 糖質が多い
8.2g
タンパク質 やや多い
ココア味:8.4g(ホエイ+大豆)
ヨーグルト味:8.4g(ホエイ)
ビタミンB群 ビタミンB1:0.46mg
ビタミンB2:0.54mg
ナイアシン:7.0mg
ビタミンB6:0.46mg
葉酸:90μg
ビタミンB12:0.8~3.0μg
パントテン酸:2.4mg
骨の成分
カルシウム:500mg
ビタミンD:2.0μg
その他の成分 鉄分:4.6mg
甘味料
砂糖、果糖

ウイダージュニアプロテインはカルシウムが1食あたり500mgと最も豊富に含まれています。タンパク質量は8.4gと多めです。マグネシウムやビタミンCは含まれていません。

 

ウイダージュニアプロテインの粉末

タンパク質原料にはココア味はホエイと大豆の2種類ヨーグルト味はホエイのみが原料に使われているので、アレルギーのある方は注意しましょう。

 

溶かしたウイダージュニアプロテイン

味はココア味とヨーグルト味の2種類です。ココア味を牛乳に、ヨーグルト味を水に、それぞれ推奨されている方法で溶かしました。

ココア味は自然な風味がして、いい意味でプロテインっぽさがなく美味しいです。ヨーグルト味はヨーグルトの香料が強いからでしょうか、ちょっとクセがあるので個人的にはココア味の方がおすすめです。

 

ウイダージュニアプロテインの原材料表示

原材料を見てみると、甘味料には人工甘味料が使われておらず、砂糖と果糖、カラメルシロップが使われています。それは美味しいワケですね。

ただその分、炭水化物がタンパク質と同じくらいの量になってしまっているため、カロリーも74kcalとやや高めなのが欠点です。飲みやすさを重視したい方にはおすすめです。

公式サイトを見る

5位:ケンタイ ジュニアプロテイン

ケンタイ ジュニアプロテインのパッケージ

内容量 700g(33食分)
希望小売価格 4,104円(税込)
1食あたり
124円
カロリー
77kcal
炭水化物 糖質が多い
6.3g
タンパク質 多い
ココア味:11.1g(ホエイ+大豆)
ビタミンB群 ビタミンB1:0.40mg
ビタミンB2:0.29mg
ナイアシン:6.53mg
ビタミンB6:0.38mg
葉酸:67μg
ビタミンB12:1.1μg
パントテン酸:1.3mg
カルシウムと
吸収サポート
成分

カルシウム:306mg
マグネシウム:106mg

ビタミンD:2.54μg
その他の成分 ビタミンA:118μg
ビタミンC:19mg
鉄分:5.0mg
甘味料
果糖、ブドウ糖
スクラロース、アセスルファムK
その他の添加物 香料
乳化剤
増粘剤

ケンタイジュニアプロテインはタンパク質が1食あたり11.1gと最も豊富に含まれており、カルシウムも306mg配合されています。

ただ1食あたりの価格が高いのがネックになります。1回に使う量を減らして調整することもできますが、そうするとビタミンやカルシウムの摂取量が減ってしまうので悩みどころです。

 

ケンタイ ジュニアプロテインの粉末

タンパク質原料にはホエイと大豆の2種類が原料に使われています。動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方が配合されているのが売りのようです。

 

水に溶かしたケンタイ ジュニアプロテイン

味はココア味の1種類のみです。ココア味を水に、それぞれ推奨されている方法で溶かしました。

ホエイと大豆の両方の風味が感じられます。甘みは少し強めのようですが美味しいです。

 

ケンタイ ジュニアプロテインの原材料

原材料を見てみると、甘味料には果糖やブドウ糖のほか、人工甘味料のスクラロースアセスルファムKが使われています。

ビタミンやカルシウムよりも、タンパク質を多めにとりたいという方におすすめです。

公式サイトを見る:アストリション

 

■最初のページに戻る >