子供におすすめの亜鉛サプリメントを徹底比較

こんにちは。管理栄養士の盛岡です。

・少食、偏食で栄養が足りているか心配…

・アレルギーで食事がとりにくい…

・すくすくと育ってほしい!

・元気で強い体になってほしい!

成長期の子供にとって大事な栄養素が「亜鉛」。亜鉛は体の中で様々な働きをしていますが、不足しやすい栄養素でもあります。

ここではその亜鉛の栄養補助として、おすすめの亜鉛サプリメントについて成分や価格を比較し、選ぶ際のポイントについてご説明していきます。

人気の亜鉛サプリを徹底比較!

亜鉛サプリおすすめランキングジュニアプロテインの比較表

※栄養成分は各商品の1回分あたりの配合量

子供用亜鉛サプリの選び方

子供の体づくりに適した亜鉛サプリを選ぶ際には、以下のポイントをチェックしてみましょう。

ポイント1:適切な亜鉛の配合量

亜鉛サプリの成分を確認する場合は、まず最初に十分な量の亜鉛を配合しているか、また多く配合しすぎていないかをチェックしましょう。

亜鉛を継続的に過剰摂取すると、銅や鉄の吸収を阻害してしまい、銅欠乏や鉄欠乏が問題となる可能性があります。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、1日あたり下記の量が推奨されています。

男子 女子
1~2歳 3mg 3mg
3~5歳 4mg 3mg
6~7歳 5mg 4mg
8~9歳 6mg 5mg
10~11歳 7mg 6mg

ポイント2:タンパク質やビタミンB群

亜鉛とビタミンB群

成長期の子供の体づくりという観点では、亜鉛だけをとっても不十分で、各栄養素をバランスよくとる必要があります。

亜鉛は体の中の様々な酵素の正常なはたらきを助ける役割があり、子供の成長期には欠かせない栄養素です。

またこの酵素はタンパク質からできているため、タンパク質の補給も大切になり、そしてそのタンパク質の代謝に関わるビタミンB群も必要です。

カルシウムが「固める」ための成分だとすれば、亜鉛やビタミンB群は「伸ばす」ための成分といえるでしょう。

ポイント3:カルシウム

カルシウムとマグネシウム

成長期には、骨の形成に必要な栄養素であるカルシウムは多くの量が必要です。

カルシウムは「固く・強くする」ために必要で、カルシウム自体に「伸ばす」役割はありません。しかし、カルシウムは不足すると伸びなくなってしまいます。

子供の体づくりを目的として亜鉛サプリを探しているのであれば、カルシウムもしっかり配合されているかチェックするとよいでしょう。

 

またカルシウムだけでなく、マグネシウムもバランスよくとることが大切です。

マグネシウムはカルシウムの代謝を調節しており、カルシウムだけを摂取していると、かえってカルシウムが骨から溶け出すという変わった現象(カルシウム・パラドックス)が起こります。

このバランスについては、「カルシウム:マグネシウム=2:1」の割合で摂取することが理想とされています。

ただしマグネシウムはサプリなど通常の食品以外から摂取する場合、小児(1~7歳)は体重1kgあたり5mgが上限とされていますので、その点は注意してください。

ポイント4:人工甘味料などの添加物

甘味料の写真

亜鉛サプリは基本的には子供にとって美味しく飲めるよう、添加物で様々な味付けがされており、人工甘味料や香料などがよく使われています。

特に人工甘味料としてはアスパルテームやアセスルファムK、スクラロースといった原料あります。これらは砂糖と比べ非常に甘味が強いのが特徴で、カロリーを低く抑えることができます。

しかしこの人工甘味料には、安全性を不安視する報告もよく聞かれます。「できるだけ自然に近いものがいい」ということであれば、砂糖や果糖のほか、無添加の商品を選ぶとよいでしょう。

なお、砂糖果糖の場合にはカロリーが高いことと、虫歯の原因に比較的なりやすいというデメリットがあるので注意が必要です。

その他の成分

ビタミンC:ビタミンCは体調管理に役立つほか、コラーゲンの合成にも必要な栄養素です。

ビタミンD:ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける栄養素です。

鉄分:スポーツをしていると汗で鉄分が失われやすいです。鉄分の不足は持久力の低下やふらつきの原因になります。

亜鉛サプリのおすすめ

ここからは実際に使用してみたおすすめの商品をご紹介します!

スクスクダイズ

スクスクダイズ

内容量 200g(30食分)
販売価格 2,160円(税込)
初回31%OFFの
1,480円(税込)~
亜鉛
1.7mg
骨の成分
カルシウム:210mg
マグネシウム:45mg
ビタミンD:1.5μg
ビタミンB群 ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.30mg
ナイアシン:3.0mg
ビタミンB6:0.30mg
葉酸:50μg
ビタミンB12:0.45μg
パントテン酸:1.7mg
その他の成分 ビタミンC:30mg
鉄分:2.0mg
甘味料
麦芽糖
その他の添加物
無添加

子供におすすめの国産大豆でできた栄養食品。

こちらの商品は主原料が「きな粉」になっています。そのため厳密にはサプリメントではありませんが、他の商品と同じように亜鉛やカルシウムを補給することができます。

ミネラルは亜鉛酵母が1.7mg配合され、子供の1日に必要な量の1/3~1/2程度のちょうどよい量を摂取できます。

スクスクダイズの粉末

タンパク質原料には福井県産の「里のほほえみ」というタンパク質含有量の高い国産大豆を使用しています。魚の骨由来のカルシウムやマグネシウム、ビタミンB群などの栄養素も豊富です。

 

牛乳に溶かしたスクスクダイズ

豆乳に溶かしてみました。シェイクしなくても溶けるので作るのが楽です。きな粉の香ばしい風味があり、そのままでもとても美味しいです。

 

ヨーグルトにかけたスクスクダイズ

ヨーグルトにもかけてみました。砂糖と混ぜて食べると美味しいです。きな粉の粉っぽい感じが苦手な方はヨーグルトがいいと思います。

風味が自然なきな粉なので、色々な料理・おやつにアレンジしやすいところもポイントです。

 

スクスクダイズの原材料

原材料には福井県のきな粉のほか、色々な雑穀が使用されています。甘味料には麦芽糖が使われており、そのほか添加物に関しては人工甘味料だけでなく、乳化剤や香料・着色料なども全く使用されていません。

無添加にこだわりたい方や、それぞれの栄養素をバランスよくとりたい方の栄養補助には特におすすめです。

今なら初回31%OFFの1,480円で購入できるキャンペーンも行っていますので、手軽にお試しができます。

公式サイトを見る

のびあ

のびあのパッケージ

内容量 60粒(30食分)
販売価格 1,260円(税込)
亜鉛
4.0mg
骨の成分
カルシウム:50mg
ビタミンB群 なし
その他の成分 鉄分:4.2mg
甘味料
アスパルテーム
その他の添加物
香料、賦形剤

「のびあ」はチュアブルタイプの亜鉛サプリです。

亜鉛は4.0mgとしっかり配合されており、カルシウムも少量含まれています。

 

のびあの粒

ぶどう味のタブレットで、香りはよいです。

おやつ感覚でポリポリと食べられますが、味はややクセがあるため、口に合わないという子供もいるかもしれません。

 

のびあの原材料

添加物としては人工甘味料の「アスパルテーム」が使われています。アスパルテームは甘味料の中でも特に安全性が疑問視されている添加物のため、気になる方は避けた方がよいでしょう。

そのほか香料と、粒を固めるための二酸化ケイ素が添加物として使われています。

公式サイトを見る

オリヒロ モストチュアブル 亜鉛

オリヒロ亜鉛のパッケージ

内容量 180粒(90食分)
販売価格 800円(税込)
亜鉛
4.0mg
骨の成分
なし
ビタミンB群 ビタミンB1:1.0mg
ビタミンB2:1.1mg
ビタミンB6:1.5mg
ビオチン:15μg
その他の成分 なし
甘味料
キシリトール
その他の添加物
酸味料、香料

オリヒロのチュアブルタイプの亜鉛サプリです。

亜鉛は4.0mg配合されており、カルシウムはありませんがビタミンB群は配合されています。

 

オリヒロ亜鉛の粒

こちらはやや大きめの粒になっています。

香りは結構クセがあり、味も苦味があるため子供には我慢しないと続けられないかもしれません。

 

オリヒロ亜鉛の原材料

甘味料には人工甘味料の「ソルビトール」が使われていますが、安全性については問題ないかと思います。そのほか味付けとして酸味料や香料が使われています。

「乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください」の表記があり、利用するとしたら小学生以上の子供がよいでしょう。

公式サイトを見る

UHAグミサプリ 亜鉛

UHAグミサプリ亜鉛のパッケージ

内容量 40粒(20食分)
販売価格 648円(税込)
亜鉛
14mg
骨の成分
なし
ビタミンB群 なし
その他の成分 なし
甘味料
ソルビトール
その他の添加物
香料、ゲル化剤
光沢剤、酸味料

「UHAグミサプリ 亜鉛」はその名の通りグミタイプのサプリメントです。

1日あたり2粒とされていますが、2粒で亜鉛14mgとかなり含有量としては多く含まれています。

また摂取できる栄養素は亜鉛だけで、カルシウムやビタミンなどは配合されていません。

 

UHAグミサプリ亜鉛の粒

グミを食べてみると感触は結構硬く、少し食べづらさを感じるかもしれません。

香りはよく、味についても普通のグミほどではありませんが美味しいです。

 

UHAグミサプリ亜鉛の原材料

甘味料には人工甘味料の「ソルビトール」が使われていますが、安全性については問題ないかと思います。

グミタイプなので酸味料、ゲル化剤、香料、光沢剤と色々な添加物が使用されています。

 

UHAグミサプリ亜鉛の注意表示

注意書きには「乳幼児・小児は本品の摂取を避けてください」とあります。1粒食べただけでも7mgの亜鉛を摂取することになりますので、過剰摂取には注意しなければなりません。

もし利用するとしても中学生以上の子供がよいでしょう。

公式サイトを見る

まとめ

一口に亜鉛サプリといっても、形状や風味、配合量、添加物など様々な違いがあるのが分かります。

成長期は一度きりで、子供の体づくりにおいて最も重要な時期。

栄養成分も安全性も踏まえて、自分の子供にぴったりなものを選びたいですね。

[リンク]

●スクスクダイズ >

●のびあ >

●オリヒロ 亜鉛チュアブル >

●UHAグミサプリ 亜鉛 >