身長を伸ばす料理

モロヘイヤが「野菜の王様」といわれる理由【身長を伸ばすレシピ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モロヘイヤとエリンギのしょうが和え

こんにちは。管理栄養士の盛岡です。

福井はあまり台風が直撃することがないのですが、今日のはなかなか大変ですね・・・。

でもブログは書きます。今回は身長を伸ばすカルシウム100mgのレシピシリーズとして、モロヘイヤを使った料理をご紹介します。

あまり頻繁に使う野菜ではありませんが、9月の今が旬で、残暑のきついときでも食べやすいのでぜひ活用しましょう。


モロヘイヤの栄養価はすごい!

王様のイラスト

モロヘイヤとはもともとアラビア語で「王様の野菜」という意味になります。

昔のエジプトで難病をかかえた王様がいて、どんな治療をしても治らなかったのが、モロヘイヤのスープを飲むことによって治ったそうです。

それから王様はモロヘイヤを好んで食べるようになったことから、「ムルキーヤ(=王様の食べる野菜)」と呼ばれるようになりました。「モロヘイヤ」という名前はそれが由来になっています。

実際、モロヘイヤはとても栄養価が高く、カロテンやビタミンC、鉄分、カルシウムが豊富に含まれているスーパー食材です。

ほうれん草と比較してみる

どれくらいすごいのか分かりやすいよう、100gあたりの栄養素量をほうれん草と比べてみました。

栄養素 モロヘイヤ ほうれん草
β-カロテン 10,000μg 4,200μg
ビタミンB1 0.18mg 0.11mg
ビタミンC 65mg 35mg
ビタミンE 6.5mg 2.1mg
カルシウム 260mg 49mg
マグネシウム 46mg 69mg
1.0mg 2.0mg
食物繊維 5.9g 2.8g

※参照:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2016年

比べてみると栄養素がかなり高いのが分かるかと思います。だからモロヘイヤは「王様の野菜」であり、「野菜の王様」と呼ばれるんですね。

そしてなんと言ってもカルシウムや鉄分が豊富!野菜の中でもトップクラスなので、カルシウムと鉄分が不足しやすいスポーツ選手にとって最適です。

モロヘイヤとエリンギのしょうが和え

モロヘイヤとエリンギのしょうが和えの出来上がり

今回の料理はモロヘイヤとエリンギの和え物になります。エリンギにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富なので、強い骨を作るのにぴったりのメニューです。

ポイント

  • モロヘイヤは葉の色が濃く、茎がやわらかいものを選びましょう。
  • 茎がかたい場合は、葉を摘んで茎だけ調理すると食べやすいです。
  • モロヘイヤはアクの部分が比較的多いので、ゆでたら水にさらしましょう。
  • 切り口が空気にふれるとネバネバ成分が出てきますので、粘りを出すには細かく刻むほどよいです。

レシピ(4人分)

食材 分量
モロヘイヤ 2袋(240g)
エリンギ 4本
しょうゆ 小さじ4
みりん 小さじ2
おろししょうが 小さじ1

栄養価(1人分)

カロリー 42kcal
タンパク質 4.7g
脂質 0.5g
糖質 3.2g
食物繊維 5.1g
カルシウム 158mg
0.8mg
ビタミンD 0.7μg

作り方

  1. モロヘイヤはさっとゆで、細かく刻む。
  2. エリンギは縦4つ割りにして塩少々をふり、グリルで焼いて3cm長さに切る。
  3. 、しょうゆ、みりんを和えて器に盛り、おろししょうがをのせて出来上がり。

味付けはポン酢でもいいですね。明日からまた暑くなるようですが、モロヘイヤで栄養をしっかりとって乗り切りましょう!

 

 



[PR]少食な子供にお悩みのママ必見
アストリション ジュニアプロテイン
伸びる時期には植物性ジュニアプロテイン >



  • このエントリーをはてなブックマークに追加