ジュニアアスリートの食事

子供のプロテイン摂取にデメリットはある?噂の弊害や副作用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子供の身長が止まる?プロテイン摂取によるデメリットとは

こんにちは。スポーツ栄養士の盛岡です。

私は普段スポーツジムのお客様に食事指導をしており、プロテインの提供も行っています。先日お客様から聞かれたのが、「自分の子供がスポーツをしているので栄養をつけさせてあげたいけど、プロテインは飲ませた方がいいですか?」というご質問。

その方には小学5年生の息子さんがいて、ドラッグストアの「ジュニアプロテイン」を見て興味がわいたものの、小さいころから飲ませて何か害はないのかと心配されていたのです。

確かにプロテインに限らず、子供にサプリメントを飲ませるのは抵抗がありますよね。そこで今回は子供のプロテイン利用に、デメリットや副作用はないのかについて解説していきます。

プロテインを子供が飲む弊害・副作用

牛乳の成分とプロテインの成分

そもそも”Protein”とはタンパク質のこと。市販されている「プロテイン」は、牛乳や大豆の原料から脂肪分や糖質などを除去し、ドリンクや粉末状にしています。タンパク質自体が濃縮されているわけではなく、タンパク質以外の成分を省いているというイメージです。

ステロイドを含むドーピングや筋肉増強剤といいた「薬」とは異なり、食事で不足するたんぱく質を補う目的で利用する「食品」になります。

したがってプロテインを飲むことによってすぐに体に何らかの悪影響が出る、という副作用はありません。プロテインを飲むと体を悪くしてしまうというのなら、肉を食べても魚を食べてもダメということになってしまいます。

ただし、プロテインは食事でとるごはんやお肉と比べるとたんぱく質の量が多く、水に溶かして手軽にとれてしまうので、たんぱく質の過剰摂取には注意しなければなりません。

以下は「プロテインの副作用」としてよく挙げられる噂です。

  • 筋肉がムキムキになる
  • 身長が止まる
  • 体脂肪が増えて太る
  • 内蔵に負担がかかる

これらが本当かどうか、以下順番にご説明していきます。

筋肉がムキムキになる?

プロテインを飲むだけで筋肉がつくということはありません。

プロテインはドーピングのような薬剤とは異なり、あくまでたんぱく質を補うための食品ですので、筋肉をつけるには運動が必要です。

また子供の場合、本格的なウエイトトレーニングは練習でもしないと思いますので、「スポーツをしている子供にプロテインを飲ませていたら、いつの間にかムキムキになってしまった」ということはまず起こりません。

タンパク質を過剰にとったとしても、余剰分は体脂肪に代謝されるだけです。

身長が止まる?

身長に悩む子供

「筋肉がつきすぎるために骨の成長が止まり、身長が伸びなくなる」という風に言われることがありますが、これは間違いです。

前述しましたようにプロテインを飲んで筋肉ムキムキになることはありません。また骨の成長にはカルシウム摂取だけでなく、たんぱく質の摂取も必要になります。カルシウムが骨の材料だとすれば、それを伸ばすのがたんぱく質というイメージを持つとよいでしょう。

ただ一方で、たんぱく質は過剰摂取になると、体内のカルシウム排出を促進してしまうという悪影響があります。そういう意味ではプロテインの摂りすぎは、身長が伸びない原因となるかもしれません。

子供のたんぱく質摂取は「日本人の食事摂取基準(2015年版)」において、1日あたりおよそ50~60gの量が推奨されています。上限は摂取カロリー全体の20%と設定されており、たんぱく質量で換算すると、小学校中学年~高学年であれば100g程度が目安になるでしょう。

しかしスポーツをしている子供であれば、していない子供よりも多くのカロリーやたんぱく質が必要になります。子供用の「ジュニアプロテイン」であれば1食分あたりのタンパク質量も多くないため、簡単には過剰摂取にはならないでしょう。

もし食事を3食しっかりとっている上に、普通の大人向けのプロテインを1日に2杯も3杯も飲んでいる場合には、たんぱく質の摂りすぎになることもあるかもしれません。

※ジュニアプロテインが普通のプロテインとどう違うのかについては「ジュニアプロテインとは?効果や飲み方について」をご参照ください。

過剰摂取は肝臓や腎臓などの内蔵に負担がかかる?

肝臓

たんぱく質の消化吸収・代謝は胃や小腸、肝臓、腎臓と体の様々な臓器で行われます。このことから「たんぱく質の過剰摂取は肝臓や腎臓に障害をきたすのでは?」といわれることがありますが、この説については実は十分な科学的根拠がありません。

肝機能の障害はアルコールの過剰摂取が原因だったり、腎機能の障害は糖尿病や高血圧などが原因だったりします。

肝臓・腎臓が悪い方はたんぱく質の摂取量を調整するよう指導されることがありますが、たんぱく質が肝障害・腎障害を引き起こすというわけではないのです。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」においても、たんぱく質は過剰摂取による健康障害が発生するリスクを表す「耐用上限量」は設定されていません。

また、同じたんぱく質源として比較すると、プロテインは肉や魚よりも脂肪分が非常に少ないため、ある意味プロテインの方が内蔵の消化にやさしいともいえます。

「ジュニアプロテイン」であればたんぱく質含有量も控えめに設計されています。仮にこれで内蔵に障害が起こるというのであれば、肉や魚であっても同様に障害が起きることになるでしょう。

体脂肪が増えて太る?

もし肉だけをお腹いっぱい食べたら

もし仮に、毎日ハンバーグばかりを好きなだけ食べたらどうなるでしょうか?カロリーオーバーで太ってしまうでしょう。

プロテインも摂りすぎれば同じように太ります。

たんぱく質は筋肉の合成のほか皮膚や免疫やホルモンなど体の様々な組織の材料になりますが、余った分のたんぱく質は体脂肪に変換されてしまいます。

プロテインは食事でとる肉や魚と比べると低脂肪・低カロリーではあるものの、ジュニア用プロテインでも1食分で50~70kcalはあります。

食事で足りない分の栄養補助として使用する分にはデメリットはありませんが、カロリー過多には注意しなければなりません。

まとめ

プロテインを飲ませる際には「あくまで食事の不足分を補うもの」ということはきちんと子供に伝えておきましょう。「足りなかったらプロテインで補えばいい」と考えてプロテインに頼り切る食習慣になってしまっては、それこそプロテインを飲ませる弊害といえます。

プロテインは低脂肪で手軽にたんぱく質を補給出来る点では便利な食品ですので、メリットを活かして適宜利用するとよいでしょう。

  • プロテインは牛乳や大豆からたんぱく質を抽出して作られた食品で、ドーピングとは異なる。
  • プロテインは飲むだけで筋肉がムキムキになったりはしない。
  • プロテイン摂取によって身長が伸びなくなることはない。ただし、過剰摂取になるとカルシウムの排出が促進されてしまうので注意。
  • タンパク質は消化に時間がかかるため、運動前のプロテイン摂取は控える。
  • タンパク質の過剰摂取が内蔵の障害を引き起こす、明らかな根拠はない。
  • 食事で不足する分の栄養補助としてならデメリットはないが、カロリー過多には注意する。

参考文献

林淳三:「改訂 基礎栄養学」.建帛社,2010.
菱田明・佐々木敏 監修:「日本人の食事摂取基準(2015年版)」.第一出版,2014.


  • このエントリーをはてなブックマークに追加