ジュニアプロテイン

【医師監修】ジュニアプロテインの効果|子供の身長が伸びる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジュニアプロテインで身長伸びた?

この記事は第三者の監修を受けています。

監修者:「女医によるファミリークリニック」院長 竹中美恵子先生竹中美恵子 先生(小児科医/小児慢性特定疾患指定医/難病指定医)

女医によるファミリークリニック」院長。
2009年、金沢医科大学医学部医学科を卒業。広島市立広島市民病院小児科などで勤務した後、自らの子育て経験を生かし、「女医によるファミリークリニック」(広島市南区)を開業。産後の女医のみの、タイムシェアワーキングで運営する先進的な取り組みで注目を集める。 日本小児科学会、日本小児皮膚科学会、日本周産期新生児医学会、日本小児神経学会、日本リウマチ学会などに所属。

 

最近ではアスリートに限らず様々な方がプロテインを利用するようになりましたが、プロテインには子供用の「ジュニアプロテイン」というものもあります。

ジュニアプロテインと普通のプロテインの違いは、小学生~中学生の栄養補助を目的としている点です。

そのためカルシウムやビタミンDなど、子供に多く必要な栄養素を豊富に配合しています。

あまりよくご存知でない方も多いかと思いますので、今回はジュニアプロテインの特徴や、どんな効果があるのかについて、実例も交えてご説明いたします。

関連記事:ジュニアプロテインを飲むタイミング >

関連記事:寝る前にプロテインを飲むと身長は伸びる? >

ジュニアプロテインと大人用プロテインの違い

ジュニアプロテインの効果の説明の前に、まず普通のプロテインとどう違うのかをご説明します。

ジュニアプロテインとはその名の通り子供用におすすめされているプロテインです。主に小学生~中学生が対象になっています。

一般的な大人用プロテインの違いは、大人用プロテインは「筋肉をつける」ことが目的であるのに対し、ジュニアプロテインはスポーツキッズの「発育」を目的とした総合的な栄養補助食品であるところです。

下記の表では大人用プロテインと子供向けの「ジュニアプロテイン」で、成分にどのような違いがあるのか比較しています。

ジュニアプロテインと大人用プロテインの違い

1食あたりの量はジュニアプロテインは少なめにされており、また大人との体格の違いが考慮されタンパク質の量も少なめです。

最も大きなポイントは、成長期に欠かせないカルシウムやその吸収を助けるビタミンDを多く配合していることです。

タンパク質の代謝に役立つビタミンB群や、スポーツで失われやすい鉄分なども豊富です。

ビタミンや配合されているプロテインは大人用でも色々とありますが、カルシウムや鉄分が配合されているのは成長期である子供を対象にしている、ジュニアプロテインならではの特徴といえるでしょう。

またメーカーによっては、子供の発育を考慮して人工甘味料が不使用のものもあります。

ジュニアプロテインの効果

ジュニアプロテインをとる目的と効果は、主に以下の2点です。

①身長が伸びる成長期の栄養補助

身長を伸ばす上で大切な栄養素は、軟骨の材料となって骨を伸ばすために役立つタンパク質と、伸びた軟骨を固めて骨にするカルシウムです。

グングンサポートするためにはタンパク質!

詳細記事:身長を伸ばすために必要な7つの栄養素 >

子供は消費する分の栄養素を補給するだけでなく、「成長する分」の栄養素も補給する必要があります。

特に骨の形成に欠かせないカルシウムは、小学生の高学年にもなれば大人以上にたくさん摂取する必要があります。

厚生労働省の出している「日本人の食事摂取基準」では、大人のカルシウム摂取の推奨量は650~700mgに設定されているのに対し、12~14歳の子供は男子で1,000mg、女子で800mgが推奨されています。

さらにスポーツをしていると汗でカルシウムが出ていってしまいますので、より意識してとる必要があるといえます。

子供は大人よりはるかに多くのカルシウム摂取が必要
日本人の食事摂取基準(2020年版)より

ただジュニアプロテインは飲むだけで成長を促進するわけではありません。身長を伸ばすには栄養に加えて、運動や十分な睡眠も大切です。

「身長を伸ばす」というよりも「成長期に必要な栄養素を補う」と考えるとよいでしょう。

ただその上ではタンパク質もカルシウムも一緒に摂取できますので、栄養補助として便利な食品といえます。

<※備考:カルシウムで身長は伸びない>

身長を伸ばすには骨を伸ばさなければなりませんが、カルシウムの作用は骨を固くすることで、直接的に骨の伸長を助けるわけではありません。つまり、カルシウムは成長促進剤ではないということです。

ただ、カルシウムやその吸収を助けるビタミンDが不足すると、骨の成長が阻害されてしまうため、その場合にはカルシウムやビタミンDを補助することにより成長が正常に回復するでしょう。

②強い体づくり・スポーツのための栄養補助

サッカーをしている子供

外遊びの減少などから、最近では子供の体力低下が指摘されていますが、スタミナをつけるためにもパワーをつけるためにも、タンパク質をはじめとした適切な栄養補給が大切です。

アメリカスポーツ医学会が2009年に発表した「栄養とスポーツパフォーマンス」に関する声明によると、これまで報告された研究データに基づいたタンパク質の必要量は、スポーツ選手の場合は体重1kgあたり1.2~1.7gが推奨されています。

詳細記事:アスリートに必要なタンパク質の摂取量 ›

体重1kgあたり1.2~1.7gのタンパク質といってもピンとこないと思いますが、これは普通の人と比較すると約1.5~2倍の量が必要になるということになります。

週に2~3日ほどの練習をしているだけなら2倍とはいいませんが、やや多めに栄養をとる意識は持つといいと思います。

子供の食が細いと感じる場合にはジュニアプロテインを活用してみてもよいでしょう。

子供用プロテインの必要性

体質や食生活に合わせて活用しよう

子供にプロテインは必要か悩む親

ジュニアプロテインは食事で足りない分を補うための栄養補助食品です。食事でしっかり栄養がとれているならジュニアプロテインをとる必要はないです。

逆に言えば、タンパク質やカルシウムといった基本的な栄養を摂取する食品であるため、飲んではいけない理由もありません。

もちろん目安量を超えて飲み過ぎると過剰摂取によるリスクが生じますが、過剰摂取がよくないのはごはんでも牛乳でも、どの食べ物・飲み物においても同じです。

どうしても好き嫌いがあって栄養が偏ってしまう子もいますし、ハードにスポーツを頑張っていると、なかなか食欲が出ず、運動量に見合った食事ができない場合があります。

毎日栄養バランスの良い食事をとるというのも現実的にはなかなか難しいところでもありますので、そんなときに栄養補助として活用するとよいですね。

「必要か不必要か」ではなく、体質や食生活に合わせて活用すべきか判断するとよいでしょう。

子供用プロテインの効果の実例

ここからは当社が販売している「アストリション ジュニアプロテイン」について、実際の利用者の感想をご紹介いたします。

パフォーマンスが上がった気がします

はがき

以前、ホエイのプロテインを飲んで体重が増えすぎてしまった息子(小6)。大豆のジュニアプロテインを探していました。味も美味しいと安心して飲んでいます。

1ヶ月ほど継続しましたが、すでにパフォーマンスが上がった気がします。ありがとうございました。

好き嫌いが激しい息子(小4)に

お客様の感想ハガキ

家でも学校でも好き嫌いが激しく、好きなものしか口にしない息子(小4)。

野菜も一切食べず、肉しか食べないので、体力も落ちてきているのが心配でした。

野球も昨年から始めたため、何か良い方法はないか??と考えてところ、プロテインを飲ませてみようということになり!!

アストリションのプロテインは砂糖も不使用でしっかり栄養士さんが健康面をサポートして作ってくださっているのに魅力を感じ、息子もゴクゴク飲んでいます。

4cmも伸びてました!

はがき

弟のために頼んでいたプロテイン。この夏前にアレルギー持ちの姉が興味を示し、飲み始めました。

乳アレルギーでチョコが食べれない姉はココア味に大満足!

そしてこの前なんと…4cmも伸びてましたー!栄養がかたより、なかなか思うように伸びなかったのに。

本人もとても喜んでいます(^^) 本当にありがとうございました。

体もたくましくなってきました

はがき

ココアがハマるジュニアプロテイン。

一口飲んだ時からおいしい!と小3の息子がお気に入りのジュニアプロテイン。

最近、2年生の時より体もたくましくなってきました。これからも成長のサポートに続けていってもらいたいです!

まとめ

「子供用のプロテイン」について今回のご説明でイメージが少し変わったのではないでしょうか。

ジュニアアスリートにとってタンパク質とカルシウムは特に大切な栄養素です。普段の食環境や体の調子に合わせて、適宜活用していくという形がよいでしょう。

 

また当社では国内製造の大豆タンパク質を使ったジュニアプロテインを販売しています。

人工甘味料・合成着色料・保存料は不使用なので、子供が毎日の栄養補助で飲んでも安心。成長期の体づくりに役立ちます。よければご検討頂けますと幸いです。

アストリションジュニアプロテイン

アストリション ジュニアプロテイン >

参考文献

伊藤貞嘉 佐々木敏 監修:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書.第一出版,2020.
田口素子・樋口満 編:「体育・スポーツ指導者と学生のためのスポーツ栄養学」.市村出版,2014.